生理以外でもデリケートゾーンから悪いにおいがする原因とは?

生理中であれば、デリケートゾーンから生臭いようなにおいがするのですが、実はそれ以外でもにおいがすることがあります。個人差があるのですが、ヨーグルトがやチーズのような乳製品のような臭いがすることがありますし、人によっては酢を薄めたような酸っぱいような臭いがすることがあります。では、そのようなときにはどのようなことが原因になっているのでしょうか。基本的にはストレスや体調不良になっていることがあります。実はストレスによって女性ホルモンが乱れてしまうとおりものからも異臭が漂うようになるので注意が必要です。したがって、疲れやストレスを感じたのであれば、まずはゆっくり休むようにするといいでしょう。さらに、生理中でなくても、抗生物質を服用しているとデリケートゾーンから嫌なにおいがすることがあります。抗生物質というのは善玉菌の働きを低下させてしまうので、おりものからも異臭が漂うようになるので気をつけてください。健康を維持するために抗生物質を服用している方もいますが、飲み過ぎというのはかえって身体に異変をきたすようになるということです。このようなときには服用を中断すると正常な状態になります。

生理中のデリケートゾーンのにおいを悪化させないためには?

生理中というのはおりものや経血のためにデリケートゾーンからにおいがしますが、そのようなときによくある間違いが洗いすぎることです。実は洗いすぎることによっておりものは確かに取れますが、同時に皮膚の常在菌も一緒に流れ落ちてしまうことがあります。そうなるとかえってデリケートゾーンのにおいが強くなってしまうのでマイナスの結果にしかなりません。また、ビデを使ってケアしている方も多いですが、ビデも使いすぎることによって過剰な洗浄になるので注意しましょう。生理中はおりものの量も増えるのでつい洗いたくなりますが、デリケートゾーンのにおいが気になるからといってもやはり洗うときには丁寧に洗うようにしてください。最近はにおい対策効果のあるボディーソープや石鹸などが市販されていますし、経血が気になるのであればセペなどを使って膣内洗浄を行うといいでしょう。デリケートゾーンを洗うことはにおい解消のための基本ですが、過剰な洗浄はかえってマイナスになるということです。ネットで調べればどのような商品がお勧めなのかのレビューがありますので、イビサソープなど有名な商品をチェックするといいでしょう。

生理中以外でもデリケートゾーンのにおいが悪化している場合

実は普段から丁寧に洗っていても、デリケートゾーンからのにおいが酷くなることがあります。生理中特有の臭いではなく、もっと強い臭いの場合がありますがそのようなときにはおりものの色も変色していることがあります。実は性病になるとおりものがチーズ状になっていたり、強い臭いがしたりなどの変化があるので、そうなっていたらまずは病院に通ってみましょう。特にクラミジアになると自覚症状がないので発見が遅れてしまうことがあります。潜伏期間も人によってバラバラなので一概に言えませんし、さらに条件によっては失敗もしやすいので医師の判断で早急な治療が必要になることがあります。クラミジアであればデリケートゾーンのにおいが一気にきつくなり、おりものの状態が悪化したりするので普段から気をつけてください。非常にセンシティブな部位になるのでトラブルが起きやすく、ケアの方法も間違えると逆にトラブルが悪化してしまうので、ケアするときには刺激の少ない商品を使うといいでしょう。下手に刺激を与えるとメラニン色素が発生するので黒ずみになることがあるからです。