あなたは大丈夫!?間違ったデリケートゾーンの洗い方

いつもあなたは、デリケートゾーンをどうやって洗っていますか?メイクの仕方やスキンケアの方法は、友達やお店で教えてもらえるけど、陰部の正しい洗い方を教えてもらうことは日常的にあまりないですよね。

意外と自己流で洗っている人が多いので、まずは正しい洗い方を覚えてもらいたいと思います。その前に、次のような洗い方をしている人は要注意なのでチェックしてみましょう。

「洗い方が不十分な人は要注意」
陰部は複雑な構造をしているので、ちゃんと洗えていない人は多いです。洗い残しがあるとカンジタ菌などの雑菌などが繁殖し、においやかゆみの原因になってしまいます。手鏡を使って細かいところまで洗えているかチェックしてみてください。

「洗い過ぎやゴシゴシ洗いもNG」
しっかり洗いたい気持ちはわかりますが、洗い過ぎもよくありません。とくに膣内の洗い過ぎは、中まで石鹸で洗うのもやってはいけません。膣内には常在菌が存在し、お肌などを守っているからです。

おりものにも膣内に雑菌が湧かないようにする役目があるため、ゴシゴシ洗い過ぎるのもよくありません。洗い過ぎはおりものの過剰分泌にも繋がり、においの原因になってしまいます。膣の守りを弱めないようにやさしく洗いましょう。程よいさじ加減で洗うことが大切です。

人には聞けないデリケートゾーンの基礎知識

デリケートゾーンを正しく洗うためには、構造について知っておく必要があります。ビラビラの大きさは個人差があり、とくに大きすぎる人は汚れやすくなります。陰部のお肉が分厚い人や、クリトリス包茎の方も汚れが溜まりやすくなるため注意しましょう。

また陰部に付着する白いカスの正体は「恥垢(ちこう)」といい、おりものや尿などの分泌物がこびりついたものです。トイレットペーパーや垢もこれに該当します。とくに大陰唇には、アポクリン腺というにおいの汗腺もたくさんあるので、においやすい部分でもあります。

恥垢は脇などの汚れとはタイプが違うのが特徴です。恥垢は粘り気があるため、なかなか乾燥しにくい性質があります。そのためトイレットペーパーで拭うだけでは、きれいにとれません。ビラビラ部分に蓄積されにおいのもとになってしまいます。

「やさしく」が基本!デリケートゾーンの正しい洗い方

敏感で恥垢が溜まりやすいデリケートゾーンは、前から後ろに向かいやさしく洗うようにしましょう。入り組んだ構造になっているので、ひだや構造物を洗っていくようにします。

石鹸はしっかり泡立てることが大切です。肌あたりがよくなり、汚れも程よく落すことが期待できるからです。そしてぬるま湯で、洗い残しが無いようにゆすぎます。ビラビラの間に恥垢が残らないようにしましょう。石鹸の洗い残しが恥垢と混ざると、悪臭の原因に繋がってしまうからです。

陰部のにおいが気になる場合は、専用の石鹸を使うようにしましょう。とくに女性のデリケートゾーンの粘膜部分は、細菌から守るために酸性に保たれています。市販の石鹸で洗うと刺激が強すぎて、アルカリ性になってしまうこともあります。

そのため陰部を洗うときはで、専用の石鹸またはボディソープを使うことが大切です。ハーブの入ったジャムウソープなども良いでしょう。いくらデリケートゾーン専用の石鹸といっても、膣の中は洗うことはできません。

粘膜部分は様々な成分を吸収しやすいこと、細菌性膣炎や性器カンジダ症への恐れがあるからです。 とくに生理中は、普段よりもていねいに優しく洗うようにしてください。

デリケートゾーンの洗い方のまとめ

ちゃんと洗っているつもりでも、正しく洗えていないデリケートゾーン。やさしく洗うことが基本ですが、洗い残しもあってはいけません。細かいところまで恥垢がないかチェックして、ていねいに行うことも大切です。

正しい洗い方を習得することは、陰部のにおいケアにも繋がることなので、毎日のバスタイムで取り入れてみてくださいね。