もしかしてデリケートゾーンが臭いのは病気のサイン!?

アソコが臭いと一気にテンションは下がってしまいますよね。中には「清潔にしているのににおうのはもしかして病気?」と不安になってしまう人もいるでしょう。

デリケートゾーンがにおうからといって、病気と決まったわけではありません。しかし婦人科系の病気のサインということも考えられます。

もしおりものが異常に増えた、色が変わったという場合は注意が必要です。すぐに病院で診てもらうことをおすすめします。今回はデリケートゾーンが臭い時に考えられる病気について紹介します。

デリケートゾーンが臭い時に考えられる病気とは?

それではどのような病気が考えられるか紹介していきます。参考にしてみてください。

1. トリコモナス膣炎
トリコモナス原虫が原因で起こる性病です。トリコモナス膣炎の症状は、かゆみやおりものの増加、排尿時の痛みなどがあります。おりものが増えることでにおいがきつくなり、色は黄色や黄緑色で泡状なのが特徴です。

2. カンジダ膣炎
膣カンジダ症とも呼ばれ、悪臭を伴うことがあります。名前の通りカンジダ菌によって起こります。本来カンジダ菌は、女性の膣内にあるカビ菌の仲間です。

3. クラミジア
臭いの原因になる性病です。クラミジアトラコマチスという菌が原因で起こります。感染して間もないころは、自覚症状がありません。緑色をした臭いおりものが出る、下腹部痛などが起こることがあります。喉にもうつります。

4. 細菌性膣炎
膣内環境が悪くなると起こる炎症です。性行為で起こらないため性病ではありませんが、臭いおりものやかゆみを引き起こします。おりものの色は灰色でサラサラしています。

5. 淋病
感染でおこる性感染症で、自覚症状がないこともあります。膿のようなおりものが増え、悪臭を放つこともあります。クラミジアと同じように、喉にうつることもあります。喉での目立った症状はありません。

その他に「子宮頸がん」や「子宮内膜炎」など子宮の病気によりにおいが強くなることもあります。この場合は、黄色や黄緑色っぽいおりものが出ることが特徴です。また内臓(腎臓、肝臓、胃腸、肺)の不調でも、デリケートゾーンがにおうことがあります。

「デリケートゾーンが臭い、病気かな?」と思ったら

デリケートゾーンのにおいは、ただの汗臭い匂いとは違うことがわかってもらえたと思います。もし気になった場合はどうすれば良いのでしょうか。「陰部のにおいが強すぎて病気が心配」という気持ちを長引かせないためにも、2つの検査方法を紹介します。

まず1つ目は、婦人科などに相談する方法です。少しでもおりものの色やにおいがおかしいと思った場合は、早めに病院にいくことが大切です。

しかしどうして忙しくて病院へ行けない方は、簡易検査をおすすめします。検査キットを使った方法で、自宅で使用します。クラミジア、淋病、トリコモナス、カンジダなどの検査が可能です。

料金は検査内容により異なりますが、約10,000円が目安です。あくまで自宅で行うものなので、最終的には医師に診てもらうことも頭に入れて使用しましょう。