もしかして「すそわきが」?デリケートゾーンの臭いは確認することが大切

気になるアソコの臭い、なかなか人には相談しづらいですよね。もしかして実は「すそわきが」かもしれません。しかし自分のデリケートゾーンの臭いをかいで、チェックしにくいですよね。

「すそわきが」の人は「わきが」体質であることも多く、独特のにおいがあります。玉ねぎのような匂い、鉛筆の芯のにおいなどが特徴です。

気になる方も多いと思うでの、デリケートゾーンの臭いが「すそわきが」かどうか、確認するポイントを紹介します。

「すそわきが」かどうかデリケートゾーンの臭いで確認

「すそわきが」かどうかは、以下のようなポイントを確認してみてください。

1. ショーツ
ショーツが黄色く濁った色になっている人は、すそわきがの可能性が高いです。陰部にあるわきがの原因であるアポクリン腺の汗により、シミになっていることで起こります。

2. 他人からの指摘
セックスをした時に「臭い」と指摘されたことがあれば要注意です。自分で自分のにおいに気づきにくい人もいるからです。

最近急ににおいを指摘された場合は、婦人科系の病気も考えられます。疾病の場合は、おりものにも変化があるため一度確認して、不安があれば医師に相談してみてください。

3. 耳垢
すそわきがの人は、アポクリン汗腺が多くあります。この汗腺は、デリケートゾーン、脇、耳にも分布しているため、耳垢が湿りやすくなります。もし耳掃除をしてアメ状の耳垢が付いた場合は、すそわきがを疑ってみましょう。

4. 遺伝
身内にわきがの人がいる場合は、遺伝している可能性も考えられます。そして、わきがの体質の人は、すそわきがの症状があることも多いです。

5. 乳首の臭い
実は乳首にもアポクリン汗腺があるため、バストあたりが臭うこともあります。1日着用したブラジャーのにおいを確認してみてください。

6. 食生活
肉やスナック菓子など、脂っこいものを食べすぎると「すそわきが」になりやすくなります。臭いの原因である菌は、汗に含まれる脂肪分などをエサに繁殖するからです。いつも脂質の多い食生活をしている人は注意が必要です。

「デリケートゾーンの臭い」=「すそわきが」ではない

デリケートゾーンの臭いをチェック出来ましたか?陰部が臭った人は全員「すそわきが」というわけではないので安心してください。なかには、アソコが臭いことを気にしすぎる女性も多くいますが、実際「すそわきが」と病院で診断される人はごくわずかです。

その他のにおいの要因には、尿や汗が付着していることも考えられます。また女性はホルモンバランスの変化により、おりものの臭いが強くなることがあります。性病などになると、おりものが強くにおいやすくなります。性病などが疑われる場合はおりものの様子にも変化があり、医師に相談することをおすすめします。

そのためにも日ごろから、おりものやにおいの確認をしておくようにしましょう。自分の体調を知るための手段にもなるからです。

健康な時のおりものは、透明やクリーム色をしています。ニオイは無臭か、少しすっぱいにおいが特徴です。膣内環境を整えるためおりものは酸性です。そのため多少のすっぱい匂いは問題ありません。

一方で、腐ったような臭いがしたら要注意です。膣内で雑菌が繁殖している可能性があり、
ストレスや生活習慣の乱れなどで、体調不良を起こしている可能性があります。この場合は早めのケアを心がけるようにしましょう。

デリケートゾーンの臭いを確認することは、とても大切なことです。陰部の臭いにも種類があり、体調のチェック方法の1つとして役立てることができます。